食品衛生責任者講習

飲食業で店を開業するためには食品衛生責任者の資格が必要です。

飲食店に行くと目にするこのプレートがそれで、店内に表示することを義務付けられています。

資格の取得はいずれの都道府県においても共通資格なので、2020.2.21に東京の国立競技場の近くの食品衛生センター(総本山?)にて講習を受けて資格取得しました。

その日は200人ほどの参加でしたが、30人ぐらいは日本語もおぼつかない外国からの参加者。講習の内容はそれなりに難しい講義でしたが彼らは難しい日本語を理解できていたのかな?と・・・(終了前には簡単ながらも試験があって、終了後彼らの何人かが呼び出されていましたが、無理もないわな)

ちなみに東京以外ではカードタイプのライセンスですが、東京だけはこのような手帳タイプです。

2020年6月からはこれまでにはなかった衛生管理手法のHCCAP(ハサップ)と呼ばれる制度が施行されます。

これまでは各食品衛生責任者に任された管理でしたが、これをシステマチックに管理して監査もあるようになるとか・・・これは開業までにさらに勉強する必要があります。

間違っても食中毒を発生させたりすることのないように最新の留意を払ってカフェバーを運営していきますので安心してご来店ください。

Follow me!

前の記事

オーナーと現地へ

次の記事

東京から日田へ